フトアゴヒゲトカゲの仲間たち

Pogona barbata ヒガシアゴヒゲトカゲ、Eastern Bearded Dragon
barbata オーストラリアの東部から南東部にかけて生息。
最初に学名を付けられた種という事で、近年まで他の種までPogona barbata の名前で取り扱われていた。
アゴヒゲトカゲ中でも最大になる種の一つで、大きいものは全長60cm位になる。
フトアゴ(Pogona vitticeps )は体側のトゲの乱れ方(列が多くトゲも大きい)や威嚇時の顎の開き方(縦方向により開く)が違い、歯茎の色も黄色(フトアゴはピンク)。
多少の飼育下繁殖もされており、フトアゴとのハイブリッド個体も出回っているようである。
barbata
Pogona microlepidota Small-scaled Bearded Dragon、Drydale River Bearded Dragon
microlepidota 西オーストラリア北部の「Drydale River National Park」及びその周辺のごく狭い地域の低い灌木のある草地等に生息。
きわめて小さなサイズの種(頭胴長14cm)で他の種に比べ喉や体のトゲは少ない。
ほとんど流通が無く見かける事はできない種。
microlepidota
Pogona minima ニシアゴヒゲトカゲ、Western Bearded Dragon
minima オーストラリア南西部の森、砂漠及び海岸の砂丘等様々な場所に生息しており、半樹上性で岩、木の上や道路上でバスキングしている所をしばしば観察される。
比較的小さなサイズの種(頭胴長15cm)。
Pogona mtchelli と似ているが、Pogona mtchelli に比べ強健な円錐形の頭のトゲが無いので区別することができる。
ほとんど流通が無く見かける事はできない種。
minima
Pogona minor ヒメアゴヒゲトカゲ、Dwarf Bearded Dragon
minor オーストラリアの中部から西部にかけての広範囲の場所に生息。
比較的小さなサイズの種(頭胴長15cm)で、あまり顎髭が発達していない。
Pogona minima とよく似ているが手足と尻尾が短い事で区別できる。
ほとんど流通が無く見かける事はできない種。
minor
Pogona mitchelli ミッチェルアゴヒゲトカゲ、Mitchell's Bearded Dragon
mitchelli オーストラリアの北西部に生息。
きわめて小さなサイズの種(頭胴長14cm)。
Pogona minor と異なる種かどうかに関して論議がある。
ほとんど流通が無く見かける事はできない種。
mitchelli
Pogona nullabor Nullabor Bearded Dragon
nullabor オーストラリアの中南部のごく狭いエリアに生息。
海岸で険しい崖の上や洞穴の中住む。
背中に特徴的な白いバンド(背骨の3-7の列の上)を持っている。
比較的小さなサイズの種(頭胴長15cm)。
ほとんど流通が無く見かける事はできない種。
nullabor
Pogona vitticeps フトアゴヒゲトカゲ、Central Bearded Dragon、Inland Bearded Dragon
vitticeps オーストラリア中〜東部の内陸側の森林から砂漠までの様々な環境に生息する。
ドイツや北米で飼育・繁殖が確立され、最近では国内CBも数多く出回っており、一般に流通しているのはこの種である。
頭の後部や体側部にトゲ状のウロコ持ち、特に下顎の付け根から喉にかけてのトゲ状のウロコを黒くすることから、アゴヒゲトカゲの名を持つ。
Pogona henrylawsoni ローソン、ランキンズ、Henry Lawson's、Rankin's、Black-Soil
henrylawsoni オーストラリア北東部に生息。
近年発見され多くの呼び名を持ち、学名もほかにPogona rankiniPogona brevis があったようだが、現在は削除されている。
顎髭と見られる程の刺状鱗は無く、頭部が短く丸い形状でずんぐりとした体型をした、全長約25cm程のきわめて小さなサイズの種。
多少の飼育下繁殖もされているる。
lawsoni
番 外Vittikin Dragons
vittikin ローソンとフトアゴのハイブリッド。
全長35cm前後、頭胴長15cm前後、体重150g前後