フトアゴは色々な特徴ある行動を見せてくれます。

ボビング

Head-Bobbing
or
Head-Jerking
頭を上下に振る行動をボビングと言います。
特に発情した雄が求愛する時、喉を黒くし激しく頭を上下させる事はよく知られています。
ボビングは求愛や威嚇する際に行われると言われてますが、雌や幼体が行う場合もあります。
まるで何かお願いしてるような感じとか、腕立て伏せをしてるとか言われます。
○ボビング動画
(WMV形式の動画176KBです)
ボビング
アームウェービング

Arm-Waving
腕を回す仕草をアームウェービングと言います。 発情した雄がボビングする事に対し、雌がアームウェービングをして応え、交接に至る様子はよく見られるようです。
アームウェービングは生後数日で行う場合や雄が行う姿も見られます。 バスキング中にゆっくり腕を回したりもします。
アームウェービングは相手の優位性を示す(服従)とか嫌悪感を表す行為とか言われてますがどうなんでしょう?
○アームウェービング動画
(WMV形式の動画552KBです)
○変則アームウェービング動画
(WMV形式の動画608KBです)
アームウェービング
威嚇

Open-Mouth
Bearded Display
フトアゴは大きく口を開け、喉を黒くし大きく広げて威嚇します。
生まれてすぐに行う事もあり、ケージの中に手を入れたり、ケージの前を通っただけで威嚇する個体もいます。
雌は比較的行わないようですが、なかには全くしない個体もいるようです。
たまに見るのは面白いのですが、頻繁だと嫌になるそうです。
威嚇
警戒

Tail Curling
尻尾を反り上げている時は警戒してると言われています。
温浴させた時によく見られますが、走る時はいつもこれです^^;
腹を地面に擦らせながらまるで歩腹前進してる時も警戒してるような感じです。
警戒
口開け

Gaping
or
Panting
フトアゴがバスキング中に口を開けてる姿はよく見る事ができます。そのまま大あくびする事もあります。
この行為は体温調節してると言われ、暖かい空気を肺の中に取り込んでいるとも、体が暑くなり過ぎないようクールダウンしてるとも言われています。
十分暑くなればさっさとバスキングエリアから離れるので、だいぶ暑くなったけどまだ気持ち良いって感じでしょうか。
口開け
出目(?) フトアゴがバスキング中等に目を膨らませる事がたまにあります。
これが何のためにしているのかはわかりませんが、脱皮前後が多い事から、目の周りが気持ち悪くてしているのかもしれませんね。
目の奥に空気をため込む感じで、グッ・グッ・って感じで出目金のように目を飛び出させますが、ほんの2、3秒で元に戻ります^^;
出目