☆どんなフトアゴを選べば?

最近ではインターネットにたくさんの情報が出され、ネットショップやオークションで簡単に好みの色やサイズの個体を購入できるようになりました。
やはり、ネット上の写真であろうとたくさんの個体を見られるのは良いことだと思います。
ただし、初めて飼育される場合はできるだけ実際にペットショップで直接見て触って気に入った個体を購入される事をおすすめします。写真と実物は結構感じが違うものですから^^;


○生体選びのポイントとしてはまず元気な個体であることです。

床にベチャッと横たわったままであったり、隅の方で大人しくしている個体よりも、活発に動き回ったり、一番ライトに近い所で胸をぐっと反らせて積極的にバスキングしている個体の方が良いと思います。

可能なら孵化日を確認し、生後1ヶ月未満の個体は避けた方が無難です。特に生後1ヶ月未満の個体は温度・湿度に敏感で、急に体調を崩したりする事が結構あります。
目安としては生後2ヵ月以上の個体なら、とりあえず安心かなって思います。

外観は痩せていたり背骨が湾曲していたりするような個体は選ばない方が間違いありません。
ただし、少々の爪飛び、指飛び、尾切れ等は飼育する上ではまったく問題にはなりませんので、外観重視でなければOKです。


○色や模様については当然一匹ずつ違います。
親子であったり、同じ親を持つ兄弟姉妹であっても結構違う場合も多いです。

よくオークション等では親の写真や兄弟姉妹の写真が載せてありますが、あくまでも参考であり、その写真が綺麗な色をしていたからといって、必ずそんな色にはなる訳ではありません。ある程度の傾向はありますが、全く違う傾向の色になる可能性も十分ある事を理解してください。

また、店頭等での表示の色種名は実物の色種が表示されてる訳ではありませんので注意してください。
色種の表示名は繁殖させたファームの商標(ブラッディードラゴン、サンバーストなど)であったり、親の色種(サンドファイヤー×レッドゴールドなど)、問屋での流通名(系統名?)がつけられています。
模様はそうでもないんですが、色は成長と共にかなり変わる場合がありますので、あまり色にこだわると大きくなった時、"こんなはずじゃなかった(T.T)"なんて事にもなりかねませんのでほどほどが良いかと^^;

もちろん逆の場合もあり、ノーマルで買った個体が赤や黄色くなるってのも結構あります。 特にベビーサイズだとどんな色になるのか予想しながら選ぶっていうのも楽しいかもしれませんね^^


○ショップによっては性別を見てくれる所もあります。生後半年以上の個体は大体判別できますが、ベビーサイズの場合はプロといってもはずれる場合もたまにあるようですので参考程度にしてください。

雌雄によって飼育の差はほとんどありません。しいてあげれば、雄は多少体が大きくなり、発情すると暴れたり、餌食いが悪くなることがたまにある程度でしょうか。
繁殖を狙う場合は性別をしっかりチェックしてください。


○気に入った個体が見つかったら、餌を食べる所を見せてもらって下さい。この辺はショップの方も良く承知されており、お願いすれば快く見せてくれると思います。

餌食いが良いかはもちろんですが、直接、手やピンセットから餌を食べてくれるとさらに安心です。
餌に関しては必ずショップで種類、大きさ、一回の量、与える時刻、与え方等を良く聞いておいてください。導入当初はショップの餌の与え方を真似した方が無難です。